kirin2

アクセスカウンタ

zoom RSS インド綿布巻きアイロン

<<   作成日時 : 2009/01/20 12:19   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

矯正パーマでは必ず必要なアイロン 矯正パーマが一般的になってきたころ ただ闇雲にアイロン操作していた 業務用の200度出るアイロンで 相当量こなしたと思う。 いたんだ髪にもある意味無神経に作業していた気がする。 お客さんの一言 “毛先が引っ張られて痛い!” そう言われて方法を探った まず片面にティッシュを巻いてみた 痛くは無くなったようだが すぐに破れてしまう 天竺布がいいらしいと聞き 行ったことも無い手芸店へ行きメーターで買ってきた 確かに持ちはいいが そのうち焦げてくるが しばらく使っていた。
 ガーゼのような荒い生地の方がビビリ毛には良いと聞き これもしばらく使い捨てで使ってみた。
アイロンも 市販の穴あきアイロンが良い と聞いて早速入手した これが劇的に調子よく ガーゼとの相性も良かったが プレートの形状により すぐずれたり破れたり ボロボロになり見た目が悪かった 
マイナー情報で ランチマットのインド綿が荒くていいらしいとの事 最初はこんなに厚くて大丈夫かと思ったが 意外 髪に優しいのは 自分の髪を挟んだときによーく解った。 艶もかなり良く出る 難点は強力な癖毛には 熱が足りないため 時間がかかるが それでも これまでのようなビビリが発生することなく すでにビビッた髪にも安心して使える。 今では これがないと矯正パーマできません。

アイロンの形状が 布巻きには向かなかったが 最近いい方法を発見した(靴屋さんで閃いた!)のでここに記します。

用意する物
アイロン インド綿 はさみ(またはカッター) 定規 ハトメパンチセット(ホームセンターで600円ぐらい) 厚紙 のり ヘア用のゴム ハンマー
画像

まず インド綿を 縦10cm*横15cmに切り 厚紙(ヘアカラーのパッケージを使いました)を たて10cm*横1.2cmに切ります。
厚紙を両端にのりで貼り付け 折り返してまたのり着けしておく。
画像

10cmなので 両端から5mmに印をつけ 18mm間隔でマークをつける これで 6穴
画像

両端を合わせて マークしたとこに 穴あけポンチで穴あけ (木片や雑誌の上で)
画像

ハトメを取り付ける 6*2で12個 
画像

ゴム(ここでは白ゴム)を45cm用意して 後は靴紐の要領で取り付け
画像

画像

画像


これで完成 簡単にはずれません 見た目も靴っぽくて ボロボロの印象がないのでお客さんに使っても失礼が無いと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
トゥルーセラミックプロ
縮毛・癖毛などでお悩みの貴方!トゥルーセラミックプロなら5分でサラつやストレートに♪朝セットすれば夜までサラサラをキープ!4900円で販売中♪ ...続きを見る
トゥルーセラミックプロ
2009/11/28 11:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
インド綿布巻きアイロン kirin2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる