kirin2

アクセスカウンタ

zoom RSS ヘナ髪のお手入れ(持続力向上!)

<<   作成日時 : 2010/12/17 19:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ヘナの成分は 髪のたんぱく質に付着しているだけです 割としっかりと付着していますが 本来のトリートメント効果が実感できるのは 3度ぐらい重ねた状態と思います。 状態がよくなると 健康毛以上の艶が出てきます。 トリートメント効果を持続するには 頻繁にヘナをすればいいのですが 意外と手間がかかります。

そこで 普段のお手入れ用に ヘナから抽出したエキス(Hローションといっています)を使用する事で 色落ちや ハリやコシの持続ができます 連続使用で 色も入ります
画像

Hローションを抽出
 熱を加える事で皮膜効果が期待でき セット力はそれほど強くはないですが ストレートアイロンやカールアイロンなど 加温する仕上げでは 皮膜効果を体感できます。

人形を使った実験では 10回程度でいくらか色がつく程度ですので これだけで染めるのは非効率ですが ずっと使い続ける事で 色落ち防止と効果持続は可能です。
画像

ブリーチしたウイッグ
画像

シャンプー〜噴霧〜ドライを 10回繰り返した実験(右側半分)

また ミックスハーブで洗い続ければ 色落ちも含め 防止できると思いますが 洗浄力の事を考えると 慣れるまでは無理があります。 洗浄力は低いですが ヘナ毛へのコンディショニング効果の相性は良く シャンプー剤と交互ぐらいに使えば持続はあると思われます。 
無色へナとミックスハーブの組み合わせは また違った柔らかさや質感になります。

前回にも少し触れた ホホバオイルの入ったトリートメントですが 濡れた状態での収斂を抑えるので 絡みによる 負担をかけないため 傷みの進行を防ぐことはできます。
画像

ヘナ髪に相性のいいホホバオイルの入ったトリートメントとシャンプー(テクナール)

また 一部の方々が試されていますが シャントリといって シャンプーとトリートメントを 1:1で混ぜて洗う方法があります 洗浄力のあるシャンプーを使いながら 同時にホホバオイルでの柔軟性を同時に作用させてしまう方法で ヘナショックを起こしそうな場合には かなり有効と思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヘナ髪のお手入れ(持続力向上!) kirin2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる