kirin2

アクセスカウンタ

zoom RSS Aラメ+ハーブトリートメント

<<   作成日時 : 2011/01/28 18:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

当店で施術しているアクティブラメ 
これは 縮毛矯正と原理は同じなのですが パーマ剤の力を 半分以下にして ダメージを低く 手触りとか柔らかさを求めるものです。

 本来 癖毛の健康な状態は 癖が出て場合によっては硬くチリチリ状態が本当の健康毛 だから反対にダメージを与えて 髪の力を弱めたほうが 扱いやすくなるということです。だから 傷ませた状態が扱いやすく綺麗な髪に見えるということなのですが・・
 ただし 2回 3回と繰り返すと 傷みが倍以上かかってくるので 毛先とか持たなくなってきます。
  このアクティブラメも 弱いとはいえ 当たり前ですが髪にダメージは与えています。

トリートメントといいながら 適度に髪を傷ませる?? でも 仕上がりは綺麗になります。
画像
施術前の状態

トリートメントつながりで 最近発見!と言うのは大袈裟なのですが まあ面白いことを発見しました。
また ヘナを使う毎度のトリートメントなのですが・・・アメブロの記事ともかぶっています。

特にアルカリのカラーリング後 とかパーマや矯正の後 通常は薬剤をしっかり流してからいわゆるトリートメント剤をつけます。
画像

そのトリートメント剤をつける前に シャンプー台で無色へナを溶かして お風呂みたいにつかります ここで髪の状態は 瞬間的にかなりギシギシになり 場合によっては指も通らず 固まったような髪になってしまいます。

これ 実は傷んでそうなっているわけではなくて 髪の毛が”収斂”つまり キューティクルが引き締まって このようになってしまいます。収斂を起こした髪は ぬれた状態で梳かしたりすることは出来ません。 それこそ同じような状態で ヘナを施術した最初のシャンプーでこんな状態になり ヘナショックとも呼ばれていますが まさにそんな状態になります。

このショックを起こした髪に 実はホホバオイルの入ったトリートメントが効くのです。

同じようにお湯を貯めて 1〜2プッシュ溶かしてつかると・・ これまた瞬間的に髪のゴワゴワが消えて柔らかくなります。
画像


通常にトリートメントをつけたときより 柔らかさとか手触りが向上します。
つまり 普通の使い方以上に トリートメント成分がくっついてくれるのだと思います。
画像
仕上がりです
だから 仕上がりはさらにつやつやさらさら・・・
コストはかかりません カラーリングやパーマの後は この方法でトリートメントを作用させています。


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Aラメ+ハーブトリートメント kirin2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる